アレルギーに関する基礎知識をまとめています。 このサイトでアレルギーの原因や対処法を勉強してアレルギーを治してくださいね♪

Sponsored Links ≫

大豆アレルギー

食物アレルギーには、大豆を主原料としたり、大豆を含む食品を食べることで人体にアレルギー症状が現れる大豆アレルギーというものがあります。大豆アレルギーの主な症状は、発疹、じんましん、下痢、発熱などです。

Sponsored Links »
昔から多くの大豆製品を食してきた日本人は食生活に非常に気をつける必要があります。大豆に含まれるタンパク質がアレルゲンとなって発症するため、注意が必要な食品としては、豆乳、豆腐やおから、納豆、みそ、きなこ、しょうゆをつかった料理、せんべい、またサラダ油や紅花油、マーガリンなどの大豆油があります。さらにてんぷらやフライ、ドレッシング、カレールー、マヨネーズなど大豆油を使用して作られた食品、インスタント食品、スナック菓子やポテトチップスなどのお菓子などにも大豆油が含まれているので、かなりその対象は広範囲に及びます。

大豆は加熱しても、アレルギーを起こす力は弱くならないといわれていますが、納豆や豆腐などの大豆加工品はアレルギーを起こす強さが弱まります。但し、大豆アレルギーがあれば、個人差はありますので、注意は必要です。また大豆の成分でアレルギー原因となるタンパク質は、ピーナッツ、そら豆、えんどう豆にも共通しており、大豆に似ている豆類には注意が必要です。アレルギー対象となる食物の摂取をやめる、などの食事療法が効果的な予防、治療方法として基本的な方法です。

関連記事

  1. 小麦アレルギー
  2. 米アレルギー
  3. ゴマアレルギー
  4. そばアレルギー
  5. ピーナッツアレルギー
  6. くるみアレルギー
  7. とうもろこしアレルギー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.icatgroup.com/mt/mt-tb.cgi/59

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0